歴史を知る

洋装ドレス二人

結婚の際に記念写真を撮ることは、かなり以前から行われてきました。フォトウェディングの最初と言われるのは、明治時代にまで遡ります。この頃から妻が夫の家に入るという今と同じような習慣が確立し、結婚の記念にと写真館で写真を撮る人が増えました。これがフォトウェディングの始まりです。その後、結婚式場に写真館が併設されるようになると結婚式・披露宴と同時に結婚写真を撮られるようになりました。バブルの時代になると盛大な結婚式・披露宴を挙げる人も増え、結婚式中の写真も記念として撮影されるようになりました。結婚式では、普段会う機会も少ない両家の親類などが一堂に集まる場でもあるので、結婚の記念となる写真を撮るにはとてもいい機会といえるのです。

最近では、結婚する際に結婚式を挙げない人も増えてきています。結婚式の際に記念として写真が撮られてきましたが、最近は結婚式をせずに写真のみを撮る場合も増えてきています。多くの場合、教会などを背景として本当に結婚式をしている様な写真を撮ることができます。また結婚式をしない代わりに国内外へ旅行に行き、そこでオプションとしてフォトウェディングをすることもできます。海外の旅行プランにはそういった専用のプランも沢山用意されています。国内でも有名なホテルや旅館でもこういったフォトウエディングプランがある所もあります。このように今後は結婚式をしなくても、フォトウェディングとして写真で結婚式を残すことができるのです。